ブログトップ
Maison OCTOBRE
octobre.exblog.jp
<   2014年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧
「想い起こす」
土曜日のこと。

感動するお料理をいただきました。


ビストロ「Pied de Pore」にて行われた「想い起こす」というイベント。

ピエ ド ポーの原田シェフと
沖縄でフランス料理のケータリング「名前のない料理店」を営む小島シェフとの共演が行われたのです。


3年前にも行われたというこの共演。
いつも素敵なことを教えてくれるEちゃんに聞いて予約をしてから、とてもとても楽しみにしていました。

e0090926_19543885.jpg
中央が「名前のない料理店」小島シェフ。 
左は「ピエ ド ポー」の原田シェフです。
右がこのイベントの企画をしたcarioca なっちゃん。


さぁ18:00。 一皿ごとにそれぞれシェフが作り上げる ふたりの共演のスタートです。



amuse 沖縄泡瀬沖 島蛸の小さなボロヴァン(小島シェフ)
e0090926_19542882.jpg


enree froid 新玉葱のムース 大村湾の紫ウニ アグーのコンソメゼリーがけ(原田シェフ)
e0090926_19553987.jpg



enree compose  沖縄の野菜と土(小島シェフ)
e0090926_19545263.jpg




poisson  沖縄泡瀬沖 マクブのポワレ 島大根のデクリネゾン(原田シェフ)
e0090926_19550546.jpg


avant viand  沖縄国頭 海鴨の低温コンフィとブレゼ 軽いサルミソース(小島シェフ)
e0090926_19544744.jpg



viand 沖縄東村猪豚(琉球豚と純潔アグーのかけあわせ)ロースのローストロックフォールのソースで  
   皮つきバラ肉と沖縄パイナップルの白ワイン煮(原田シェフ)

e0090926_19543316.jpg


dessert 自家製チーズのクレメダンジュ ドラゴンフルーツのソース(小島シェフ)  
    クレームショコラ 沖縄パッションフルーツのソルベのグラティネ(原田シェフ)

e0090926_19544221.jpg

全8品。
一皿一皿がもつストーリーを想い、 素材それぞれの力強さを感じながら、
一口ひとくち、しっかりと噛みしめ味わいました。

紫ウニ、玉ねぎのムース、アグーでひいたコンソメ、
野菜もひとつひとつから土壌を感じられる力強い味わい。
海鴨やアグーとの猪豚。。。ジャージー乳から作られた自家製チーズも素晴らしかった。


数日たっても、まだ余韻に浸っています。
言葉で感動を伝えるって難しいですね。
ああ、 ただ、もう一度食べたい。
アグーのコンソメの中に浸かりたい。。。新玉ねぎのムースに溺れたい。。。ソルベのグラティネを身にまといたい。。。クレメダンジュの上で寝っころがりたい。。。 


だんだんおかしくなってきました。。。 もどさなくては(笑)


またこの共演に参加したい!
わたし、小島シェフのお料理を絶対また食べます!


それまで、また毎日、家族のために、生徒さんのために、がんばろうっと。(笑)




食事を終えて、お店を出たら、空には綺麗な月が出ていました。
e0090926_19551267.jpg


今日もまた、これまでの素敵な出会いの積み重ねに感謝感謝です。









More
by octobre_nagasaki | 2014-02-20 10:00 | C'est bon!_おいしいもの | Comments(0)
見つけちゃいました☆
週末、ぶらぶら歩きしていたら、出会ってしまいました。
美味し~い スモークベーコン。

お店で見つけた時のたたずまいから、期待がもてそうな予感がしていたのです。

e0090926_16303713.jpg

フライパンで焼くと、な~んともいい香り☆

早速、我が家の朝食で。 
e0090926_16303963.jpg
うーん。やっぱり期待通り。 卵とも相性抜群です。


Spoonクラスレッスンのエッグベネディクトに採用決定でーす!!
e0090926_14215517.jpg
ね、美味しそうでしょ。
どうぞお楽しみに☆






by octobre_nagasaki | 2014-02-06 10:20 | Cuisine_お料理 | Comments(0)
豆撒き
暦の上では今日から春のはずなのに、
気温は今日からまた冬に逆戻り。。。 長崎もちょっと寒めの朝を迎えました。

e0090926_10083717.jpg

昨日の節分は、みなさん豆撒きされましたか?

我が家は、毎年、近所の神社の豆撒き開始の時間に間に合うよう、
恵方巻きをあわてて食べ、神社の境内へ急ぎます。
7時ごろから9時ごろまである、全ての回の豆を拾って、
ポケットをいっぱいにして家に帰るのが毎年の習わしです。

主人はその間地元の青年団の人たちと一緒に、境内で鬼火焼きの警備。
家族総出で楽しむ行事になっています。

e0090926_10083911.jpg
そして、今年はとくに長女そよが年女!
お祓いしていただいて豆撒きをしました~。
今年は主役として参加できるそよ、1年前から!!かなり前楽しみにしていたのでした。

みんなに「こっちこっち~」とか言われながら、すっごく嬉しそうに投げていました。
たくさんの人に応援してもらってよかったね。

みなさまも、今年1年も元気に過ごせますよう。。。









by octobre_nagasaki | 2014-02-04 10:12 | Mon vivre_暮らしについて | Comments(0)