ブログトップ
Maison OCTOBRE
octobre.exblog.jp
カテゴリ:ingredients_材料( 7 )
びわたまご
明日からのマドレーヌのレッスンのための買い出しDay。
e0090926_2357528.jpg

卵は、長崎の美味しい卵、「びわたまご」。
長崎のパティスリーには「びわたまごを使っています」って宣言しているところも多いですね。

e0090926_23572388.jpg

ぷるんぷるんで美味しそう☆

e0090926_23592252.jpg

美味しいびわたまごに、これまた美味しいカルピスバター。
美味しいマドレーヌになぁれ。

more
by octobre_nagasaki | 2010-06-07 23:59 | ingredients_材料 | Comments(0)
塩とペッパー。
明日から、2-3月の講座、キャラメルがスタート。
生キャラメルのアレンジ4種に加えて
キャラメルソースとミルクジャム、そして、そのキャラメルソースを使ったデセールと盛りだくさんの内容です。

キャラメルのアレンジに使う塩とペッパーのご紹介。

e0090926_13585733.jpg

美味しくて、キャラメルを素敵なものに仕上げてくれる「Fruits de Mer」(フリュイ ド メール(海の果実))という名前のお塩。
結晶が愛らしい。
仕上げに振って、がりがりっとする仕上がりに。

e0090926_13591916.jpg

こちらは、Poivre Rose(ポワブル・ロゼ)、ピンクペッパー。
ペッパーという名前が付いていますが、実はコショウではなく、コショウボクの赤い実です。
フランス菓子では、ショコラやアントルメの仕上げのアクセントに使用します。
ちょっぴり大人っぽい仕上がりになりますヨ。
by octobre_nagasaki | 2010-02-16 13:45 | ingredients_材料 | Comments(0)
カルピスバター
e0090926_23345536.jpg
カルピスを作るための良質な牛乳の乳脂肪分から作られる、『カルピス特選バター』

我が家では、お菓子作りに無塩を使うのはもちろん、
毎日の朝食のトーストのお供にも有塩のカルピスバターを食べています。
こどもたちも大好きです。

白くてミルキィな風味が特別で、
一度使い慣れると、やめられなくなってしまいました。

もちろん今月のメニュー、スコーンにもたっぷりと使用します。
スコーンのような、シンプルな材料で作るお菓子は、特に、材料の良さが美味しさに生きてくるのです。
by octobre_nagasaki | 2009-06-08 23:35 | ingredients_材料 | Comments(0)
マダガスカル産のバニラビーンズ&洋梨のEAU DE VIE。
今月のお菓子教室のメニュー『洋梨のシャルロット』。
シャルロットとは「帽子」という意味。

帽子の中身は、
洋梨のコンポートとバニラビーンズたっぷりのババロア。

さらに、ババロアと生地に打つシロップに、洋梨のリキュールを入れることで香りがぐんとよくなります。

e0090926_1232319.jpg

マダガスカル産のバニラビーンズ。
さやが長くふっくらとしているので、ビーンズがたっぷり入っています。

e0090926_12322069.jpg


e0090926_12363843.jpg

こちらは、洋梨のEAU DE VIE(オー・ド・ヴィ)
フランス産の洋梨ポワール・ウィリアム種で作られたブランディです。

アルザスのお酒の特徴である、細くすっとした瓶の形が好き。

教室へこられる皆さんへ
by octobre_nagasaki | 2008-06-11 12:37 | ingredients_材料 | Comments(0)
みかんざかり♪
昨日のお菓子教室から、ババロアの上に飾るオレンジに地元産の清見オレンジを使っています。

最初は、何も考えずアメリカから輸入されたオレンジを買ってきていたのですが、生徒さんから「清見オレンジなどでもできますか?」と質問され、「こんなにオレンジがたくさん取れる町に住んでいるのに、わざわざアメリカ産を買うことないものね」と思い地元の直売所に買いに行きました。

e0090926_1919820.jpg

今売られている、地元産のオレンジたち。
奥から、
・でこぽん(10個 ¥150)
・清見オレンジ(5個 ¥100)
・ニューサマーオレンジ(3個 ¥100)
・甘夏(5個 ¥100)

どれも、見た目は少しきれいではないのですが味はぴか一。
我が家の毎日の朝食のテーブルにも欠かせないビタミン源です。

ちなみに、ババロアに飾るオレンジには、清見オレンジのほか、でこぽんも身がしっかりしているので向いています。
by octobre_nagasaki | 2006-06-14 19:22 | ingredients_材料 | Comments(1)
とっておき。
今月のお菓子教室は今日で終わり。
フルーツタルトを10回作って、毎回食べました。^^
でもちっとも飽きることなくて美味しく食べられました。
「何回食べても飽きることのないお菓子」を常に目標にレシピを考えています。
皆さんにもおうちで何度も楽しんでいただけたらうれしいです。
それも、いちごの季節のうちにどうぞ!
いちごが乗ったお菓子の華やかさは何物にも変えられません。
e0090926_7351311.jpg
フルーツの下にはほんの少しだけですが、大好きなカスタードクリームを塗りました。
そのまま食べると口の中でビーンズがぷちぷちするくらい贅沢にバニラビーンズを使ったカスタードクリーム。絶品です。
e0090926_7353934.jpg

画像のものはマダガスカル産の高級品。袋を開けるだけでいい香りが漂います。
ほんのちょっぴり使うだけで、お菓子が1ランク上のものになるバニラビーンズ。
いつものカスタードクリームやプリンにもぜひ使ってみてくださいね。
by octobre_nagasaki | 2006-04-25 23:23 | ingredients_材料 | Comments(8)
おいしいショコラ。
e0090926_2123112.jpg


ヴァローナのショコラが大好き。お菓子教室でもいつも使っています。
トリュフやオランジェットのようにショコラをそのまま食べるものはもちろん、ガトーショコラの様に焼き菓子に入れる場合でも、カカオ分の高い良いショコラを使うと本当に美味しくなります。
新しい袋を開けて1kgの塊を見るとなんとなく嬉しい。食後のコーヒーのお供にカケラをつまむのもちょっとした幸せです。
by octobre_nagasaki | 2006-02-01 21:08 | ingredients_材料 | Comments(0)