ブログトップ
Maison OCTOBRE
octobre.exblog.jp
おひなさま
e0090926_22273533.jpg
我が家のお雛様。
自分が子供のときには七段飾りを飾ってもらっていましたが、大きくなるに連れてだんだんお人形だけを日干しするような状態になって行ったので、娘が生まれたときには、お内裏様とお雛様だけでいいからと、こだわって選びました。
娘のお人形をお願いした問屋さんで、お内裏様とお雛様は成長を見守る役目があるから、私のお雛様とお内裏様は私が結婚したときに役目を終えたものだけれど、七段飾りの家臣やお道具達はそのまま生かせばいいと教わりました。
なので、屏風やぼんぼり、もうせんなどは私のものをそのまま使っています。
私のものを娘に伝えられた最初のものなので、この組み合わせで飾るのをとても誇りに思っています。
そして、私のお雛様を大切に保管してくれていた両親にも感謝。

本当なら今週一杯で片付けるんだろうけれど、もうちょっと見ていたい感じ。
長崎では旧暦で片付ける習慣もあるので、4月までとはいいませんが、もうちょっと飾っておいてもいいかな。

e0090926_22202634.jpg
お友達のしのぶさんがお雛様ランチに招待してくれたので、桜餅を作っていきました。
こういう和菓子の材料もcuocaで買っています。(linkにcuocaを追加しました。)
by octobre_nagasaki | 2006-02-27 22:31 | Mon vivre_暮らしについて | Comments(2)
Commented by hane at 2006-02-28 08:28 x
うちもお内裏様とお雛様だけ、でも良いものらしく値段は良かったらしいです。(^^;
今週はちょうど3日に出張で横浜に行くため、夜は家でお雛様お食事会です。毎年決まって出てくるのは、きれいに飾ったちらし寿司。ちょっと楽しみです。^^
kannaちゃんはなにつくるのかな?^^
Commented by kanna at 2006-02-28 23:06 x
>haneさん
このところ、桃の節句はだいたいいつも誰かとランチのパーティをしていますね。
メニューは、やっぱりちらし寿司とハマグリのお吸い物が定番です。
子供用には、のりや薄焼き卵を着物にして、キャンディチーズを頭にしたお雛様とお内裏様の形に仕立てたりすると喜びます。
あと子供の頃もこの季節になると桜餅を作っていたのですが、昨年からまた復活。昔は手に入れるのが難しかった桜の葉の塩漬けも、最近はネットで簡単に変えるようになってますます本格的に作れるようになって楽しくなりました。

今日のブログにも書きましたが、今年のお節句はいつもの食いしん坊の仲間達と一緒にお雛様飲み会です。皆で一緒にちらし寿司で手まり寿司を作る予定。
スパークリングワインや赤ワインを飲むので、今日ミモレットとクラッカーをget。働いていた頃としていたこと、あんまり変わっていませんね。^^;
<< ひさびさの浜ブラ♪ アロマ体験 >>